保育士として仕事できる場所と資格の取得方法

保育士の就職先

勤めに出ている、病気を患っているなどの事情があって保育を行えない保護者のこどもを預かり、年齢や発達に合った子育てを行うプロフェッショナルが保育士です。保育士というと保育所・保育園で仕事をするイメージが強いという方が多いでしょうが、実際にはさまざまな活躍の場があります。いまの日本は待機児童問題を抱えており、夫婦がともに働いている家庭が多く、専門職である保育士のニーズはより高まっていくものと予想されています。

保育所・保育園以外の保育士の主な活躍の場のひとつとしては、母子生活支援をあげることができます。母子生活支援施設というのは、18歳に満たないこどもがいる母親が、事情があってこどもの養育をしっかりできないと判断された場合に入るところです。この施設に入るこどもには、父親の暴力・虐待被害に遭っているなど、辛い境遇で深く傷ついているこどもも少なくありません。

ほかには児童養護施設も保育士が働く場所のひとつです。この施設は保護者がいないまたは保護者が適切な保育ができない、乳幼児を含まない18歳未満のこどもが入ります。先述した母子生活支援施設と同じように、虐待などで大きな傷を負っているこどもが多いです。そのほか、非行に走ったり非行に走るリスクがあるこどもが入ったり通ったりする児童自立支援施設も、保育士が活躍する場のひとつです。

そのほかにもまだまだ保育士が働く場というのはあるのですが、保育士として仕事をするには保育士資格を取得しなければいけません。当サイトでは資格の取得方法や学習方法に関する情報を提供させていただきます。